文房系アイテムをピックアップするウェブログ
ツインクキャッチ

水性ペンのサンスターツインクで2色のデコレーション!

ツインクキャッチ

手帳やノートなどのデコレーションをするなら、いろんな色を使いたい?

それなら最初から2色のペン先を持つペンでデコりましょう。

たくさんの色を出すことができるペンがあるなら、できるだけ色を使って書きたくなるもの。

でも色ごとにペンを持っていると、どうしてもかさばってしまいますよね。

2色ペンって、思ったよりも使いやすくておもしろいんです。

この記事では、2色のカラーでラインやハイライトから、デコレーションまで対応できるペン『サンスター文具 ツインク』の使用感などについて綴ってまいりますので、どうぞお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ いろんな色を使って書きたいけど、ペンの本数が多くなって困る…。
○ 単色でもいいけど、多色で楽しめるペンを探している。

ネオンアートみたいな線が書ける

ブリリアントな色味と、光のラインで表現するネオンアートが、最近また流行していますね。

さまざまな色のネオンワイヤーを使って、インテリアなどをデコレーションしたりと、手軽に始めることができるように、100円ショップでもパーツが販売されています。

リアルなネオンを使わずに、ペンと紙で表現できるネオンアートもあり、専用の文房具もお店で購入することができます。

ネオンサインにしても、ネオンアートにしても、ワイヤーだったり専用の文具や用紙が必要ですが、普段から使っているノートや手帳でも、アート風のデコレーションをしてみたいですよね。

そんなときに役立つペンが2色カラーのペンなんです。

サンスター文具 ツインクの使用感

ツインク仕様

水性インクのあざやかな発色で2色デコレーションができるペン『サンスター文具 ツインク』の使用感をみていきましょう。

単色でも多色でも書きやすい

ツインクで文字書き

ツインクのペン先は、ミリペンのような形状のものが、2つ並列になっています。

ファーストインプレッションとしては、なんだか扱いづらそうなフォルムに見えるのですが、使ってみるとその心配は無用とわかりました。

ボディが丸軸なので、特に持ち方に気をつける必要もなく、普通のペンと同じ書き方で、2色をそれぞれ使い分けることができるんです。

2色使いで書くときは、横二列か縦二列かの方向を決めて、書き始めていけば2色の線をキレイに描き出すことが可能になります。

2色書きのときは、少し慣れが必要になるかもしれませんね。

アンダーラインも3通りに書き分けできる

ツインク単色多色

ノートやテキストにアンダーラインを引くとき、単色のみだったら重要度や項目などの区別がつきにくいですよね。

ツインクは単色×2と2色ラインの計3通りに書き分けができますので、区別がつけやすいですし、3in1なので一本のペンだけで、表現することが可能なので、色ごとにペンを持ち替えなくてもスイッチできます

一本で完結できる便利さと、持ち替え不要の時短効果が両立できる、おもしろくて使いやすいペンなのです。

シンプルなデザインのボディが心地よい

ツインクのボディは、プラスチック製の丸軸で、軸径も太すぎず、細すぎず、どんな人でも持ちやすい、無難なスタイリングとなっております。

透明キャップにクリップがついているので、ポケットに挿して持ち歩くのにも適していますね。

ペン先が特殊な形状をしているので、ボディは普通の形でも問題ありませんよね。

逆にボディスタイルまでこだわってしまうと、価格上昇にもつながってしまいますし、ツールとして考えたら、一般的な形がいちばん使いやすいのではないかと思います。

いろんな2色が選べますね

いろんな二色

ツインクのカラーラインナップは全部で16パターンとなっています。

ライトブルー×バイオレット

レッド×ライトブルー

オレンジ×ピンク

グリーン×バイオレット

ピンク×ライトブルー

バイオレット×ピンク

ライトブルー×オレンジ

ピンク×グリーン

ミント×ライトバイオレット

イエロー×ミント

レッド×ブラック

オレンジ×イエロー

ミント×ピンク

ミント×ブラウン

ピンク×ライトバイオレット

ライトバイオレット×イエロー

水性インクの発色性を活かした多色展開で、
とってもワクワクしています。

ツインクであざやかなきらめきを描こう

ツインク全景

この記事では、2つのペン先で3通りの線を書ける、ネオンアートライクな水性ペン『サンスター文具 ツインク』の使用感などについて綴ってまいりました。

そういえば、子供の頃に日本のペンを一緒にに持ちながら、色違いの2重線を書いていたのを思い出しました。

ツインクだったら、二本持ちしなくてもあざやかな2重線が書けちゃいます。

ありそうでなかった二刀流の水性ペンで、あなた好みのダブルラインを引いて、あざやかなノートに仕上げていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ツインクキャッチ
お気軽にフォローどうぞ!