文房系アイテムをピックアップするウェブログ
スタイルシグノキャッチ

三菱鉛筆の細字ゲルインクペン スタイルフィット&シグノRT1 0.28㎜が使いやすい

スタイルシグノキャッチ

0.28㎜という、ボールペンの中で、もっとも細い芯を生み出した三菱鉛筆のゲルインキボールペンは、なめらかで細字が書きやすいんです。

ジェットストリームやユニボールでおなじみの三菱鉛筆が、0.3㎜メインの細字ボールペン市場に送り込んだ、0.28㎜芯のボールペン。

0.02㎜の差なんてよくわからないと思いますが、数字を見たらなんだか飛び抜けて細いようにも感じますよね。

この記事では、三菱鉛筆の細字ゲルインクボールペン『スタイルフィット0.28㎜』と『ユニボールシグノRT1 0.28㎜』の使用感などについて綴ってまいりますので、どうぞお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ 0.28㎜のボールペンっていうけど、そんなに細くてちゃんと書けるの?

三菱鉛筆スタイルフィット0.28㎜の使用感

スタイルフィット仕様

ボディとリフィルが自分好みに選べて、シャープでスマートな単色タイプもラインナップされ、種類豊富なカスタマイズペン『スタイルフィット0.28㎜』の使用感をみていきましょう。

スタイルフィット0.28㎜はゲルインクのみ

カスタマイズが可能なスタイルフィットは、リフィルの種類が、油性・ゲルインク・シャーペンとなっているのですが、0.28㎜の細芯はゲルインクのみの展開になっています。

油性リフィルは、ジェットストリームのインクを使っているのですが、0.28㎜はジェットストリームエッジという中価格帯の商品になるので、現時点でスタイルフィットへの採用はされていません。

ジェットストリームエッジ0.28㎜は、扱いに慣れたらすごく使いやすいので試してみてもいいですね。

あわせて読みたい

極細ボールペンは水性インクの独壇場ではありません。油性インクで0.28㎜のジェットストリームは伊達じゃない!細いチップの小さいボールから、インクを繰り出すためには、なめらかな水性インクが向いています。でも油性インクで[…]

ジェットストリームエッジ二本

単色タイプは持ち運びやすいけど細すぎる?

スタイル細いボディ

スタイルフィットといえば、3色・4色・5色と多色タイプのボディに、いろんなカラーのインクを入れて使うというイメージですが、単色で使えるシャープなボディもあるんです。

一本ものって、それカスタマイズじゃないじゃん!と思うところですが、そこはそっとしておきます。

しかしこの単色タイプ、売りのシャープなボディが、手の大きい人には持ちづらく感じてしまいます。

手帳に差して持ち歩くのにいいサイズ感だな、とも思うのですが、いかんせんクリップがないので収まりもよくありません。

普通に使いたいのであれば、おとなしく多色タイプを使ったほうがいいですね。

書きやすいゲルインクと16色のカラーラインナップ

スタイルフィットのゲルインクは、シグノと同じ顔料インクを使用しています。

水性インクにありがちなにじみも少なく、色あせもしにくいきれいなラインを書くことができるので、さすがはゲルインクといったなめらかな書き味と、しっかりした線を残すことができます

ゲルインクの発色性を活かしたカラーラインナップは16色となっています。

にじみにくいインクだから、イラストを描いたりするときも、細芯を有効に使うことができますよ。

シグノRT1 0.28㎜の使用感

シグノRT1仕様

通常のシグノよりもなめらかに、極細の線が書ける『ユニボールシグノRT1 0.28㎜』の使用感をみていきましょう。

シームレスなワンモーションデザインが使いやすい

ワンモーションデザイン

三菱鉛筆シグノシリーズは、キャップ式のシグノ、ノック式のシグノRT、上位機種のシグノRT1がラインナップされています。

通常のシグノは、透明なプラスチックボディに、インクカラーに合わせたクリップ部のパーツを取り付けた、よく見るスタイルでした。

シグノRT1のボディは、インクカラーに合わせたボディパーツで統一されていて、ペン先からノックパーツまで継ぎ目のない、ワンモーションデザインとなっております。

本体中央からペン先まではラバーグリップなので、いろんなペンの持ち方のクセに対応することができますね。

ノック部とクリップが一体化になり、ノックするときもクリップが邪魔に感じることがありません

同じ素材を使ったボディでも、デザインの仕方しだいで使いやすさがここまで向上するのですね。

ゲルインクにエッジレスチップでなめらかさアップ

エッジレスチップ
寄り過ぎてよくわかりませんね…

なめらかな書き味といっても、インクがなめらかなだけでは実感もうすいかもしれませんね。

なにが気になるかというと、チップが紙にひっかかるカリカリとした感触でございます。

シグノRT1はエッジレスチップという、先端部分の角をなくしたチップを採用しています。

従来のシグノと比べると、たしかにサラサラと書き進めることができますね。

ただし、筆圧が高いと多少はひっかかりを感じますので、実感は人によるといったところです。

極細の線に対応できるように、インクの配合が調整されているので、チップとインクの相乗効果で、なめらかな書き味が体感できる性能になっています。

定番商品で0.28㎜を味わいましょう

スタイルシグノ二本

この記事では、三菱鉛筆のゲルインクボールペン『スタイルフィット0.28㎜』と『ユニボールシグノRT1 0.28㎜』の使用感などについて綴ってまいりました。

紹介した2種類のペンは、発売から5年以上経っていて、多くの人に親しまれているロングセラー商品てございます。

定番商品でも、最近の細字ブームに対応して、0.28㎜という激細チップで字や線が書けるのです。

主流の0.3㎜よりも細い0.28㎜。

数字のマジックを感じつつも、より細くというマインドを持って書くことで、満足感が得られる使い心地でございますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スタイルシグノキャッチ
お気軽にフォローどうぞ!