文房系アイテムをピックアップするウェブログ
カヴェコスポーツキャッチ

カヴェコスポーツ万年筆の洗練されたスタイルが使いやすい!

カヴェコスポーツキャッチ

神シャーペンで知られるカヴェコスペシャルのカヴェコが発売する万年筆は、やっぱり神万年筆なのか?

ドイツの文具メーカーの中で、独特ながらも使いやすい製品を作り出しているカヴェコは、文具好きの人たちには有名なブランドですよね。

文具店やネットショップなどで、カヴェコの商品を見ていると、なんだかうっとりしてついつい購買意欲をそそられてしまうものです。

この記事では、スタイリッシュでコンパクトながらも書き味が心地よい『カヴェコスポーツ万年筆』の使用感などについて綴ってまいりますのでどうぞお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ 手軽に使える万年筆はたくさんあるけど、愛着が持てる一本が欲しい。
○ 年代や性別問わず使えるような、グッとくる万年筆を探している。

ありそうでないデザインのペンたち

カヴェコのニブたち

カヴェコのペンで特徴的なスタイルとして思い付くのは、八角形のボディでございます。

丸形や六角形のペンはよく見るのですが、八角形ってカヴェコ以外であまり見ないですよね。

八角形だから角が多くて持ちづらいんじゃないの?…と思いがちですが、角が多くなるほど丸に近づいていくということなので、意外とすんなり握ることができますし、適度なひっかかりがありますので、グリップがしやすいというメリットがあるんです。

もうひとつの特徴として、太めの本体と短めの全長が挙げられます。

見た目は寸胴感がただようのですが、かわいらしさと持ち運びやすさが共存した、愛着の湧くスタイリングですし、大人の方だったらある程度の太さがあったほうが、グリップ感も高くなって、安定した筆記ができますよね。

魅力的なスタイルが、大人の筆記具という雰囲気をバリバリ感じさせてくれます。

カヴェコスポーツ万年筆の使用感

カヴェコスポーツ仕様

しっかりした技術力をベースとしながら、クラシカルなボディで魅了してくれる『カヴェコスポーツ万年筆』の使用感をみていきましょう。

ガッチリしたキャップと細身のグリップ

キャップとニブ

カヴェコのスポーツシリーズは、八角形の極太ボディがとても印象的なんですが、キャップ式とノック式では少し仕様が変わります。

万年筆はキャップ式になりますので、極太八角形はキャップ部のみで、グリップは細めの円筒形となっております。

スポーツと冠しているだけあって、アスリートたちにも使いやすいように、携帯性や安定感を重視した仕上がりになっています。

しっかりと手に収まってくれて、持ち運びがしやすいコンパクトさが目立つのですが、キャップを外したあとのグリップ感も快適で、スラリとした書き味を体験できるのです。

ネジ式キャップが安全性を生み出す

キャップにネジ式

よく見る中価格帯の万年筆は、キャップがカチッとはまるロック式のものが多いと思います。

万年筆はペン先の、ニブ部の取り扱いがとても大事になってきます。

なにかの拍子でキャップが外れて、ニブが露出してしまうと、インク漏れや乾燥、ペン先の破損などの不具合が起こってしまうんですよね。

カヴェコスポーツはネジ式のキャップを採用していますので、確実にロックできて、ペン先を守ってくれるとともに、インクの乾燥を抑えてくれて、安心安全な筆記をサポートしてくれるんです。

付属のインクは青色なのです

インクは青色ナノ

カヴェコスポーツの愛らしさに、我慢できずおもむろにカートリッジを挿し込んで、書き始めようと思ったのですが、よく見ると本体付属のインクカートリッジは、青色だったのですね。

日本では、字書きのインクといえば黒色のイメージですが、海外では公文書などを青色インクで書くことが多いようで、そのために付属のカートリッジが青色なのかなと思いました。

私は、どうせ予備のカートリッジが必要になるだろうと考え、ブラックカートリッジを準備していたので、それを挿し込んで使うことにしました。

黒色で書きたいという方は、前もってカートリッジを買っておくことをおすすめします。

カヴェコスポーツは種類がたくさん

私が手にしたカヴェコスポーツ万年筆は、プラスチックボディのスカイラインスポーツコレクション?(…だと思う)でございます。

ターコイズブルーの色味に惹かれて、シアンカラーを選びましたが、軽い本体と手に馴染むグリップ感でとても満足しています。

そのほか、私の知る限りスポーツシリーズには、

プラスチックボディのクラシック・スカイライン・アイス・フロステッドスポーツ。

アルミボディのアルスポーツ。

スチールボディのスチールスポーツ。

真鍮製のブラススポーツ。

と、素材やカラーバリエーションでさまざまありますが、基本的な形状はほぼ同じですので、ウェイトの違いと考えてもらったらいいですね。

字の太さは、極細のEFから極太のBBまで5種類なので、好みで選んで大丈夫です。

感覚として、日本メーカーの万年筆より少し太めの線が書けますね。

魅力満点の万年筆を手に収めよう

コンパクトカヴェコスポーツ

この記事では、コンパクトボディがスポーティさを感じさせてくれる万年筆『カヴェコスポーツ万年筆』の使用感などについて綴ってまいりました。

一見かわいらしいフォルムですけど、ひとたびキャップを外して書き出すと、踊るように字を書くことができる魅力的な一本です。

ひとつ使い始めたらもう一本と、コレクションしたくなるサイズ感と心地良さをその手に収めてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カヴェコスポーツキャッチ
お気軽にフォローどうぞ!