文房系アイテムをピックアップするウェブログ

お葬式の種類を解説します【家族葬?直葬?一日葬?】

最近のお葬式っていろんなスタイルが存在していますね、おおむね『〇〇葬』という呼び方になるのですが、スタイルによって少しずつ流れが変わってきます。

この記事では、『〇〇葬』の種類をあげていきながら、それぞれの内容を解説していきますので最後までお付き合いください。

お葬式の種類いろいろ

最近は、葬儀といえば『家族葬でやりたい』とか『一日葬でやります』など、以前に比べて葬儀スタイルについての選択肢が増えてきています。

果たしてあなたが選択しようとしているスタイルは、人生のフィナーレを迎えて旅立つ人にとって本当に良いものなんでしょうか?

一般葬スタイル

葬儀スタイルの名称がさまざまに現れたため、通常の葬儀が一般葬という呼び方に変わっているようですね、なんだか違和感がありますが時代の流れなので受け入れることとしましょう。

一般葬は、通夜・葬儀・告別式とひととおりの儀式を行います。

無宗教の人でない限りは宗教者に通夜と葬儀の儀礼を執り行ってもらいます。

そしてほとんどの場合、遺族親族に加えて友人知人や近所の人、仕事関係など縁のある人にお知らせをして参列してもらいます。

とまぁいたって普通のお葬式の流れですね。

家族葬スタイル

『家族葬』という言葉が浸透してきたのは最近のことです。

日本が不景気に突入し、核家族化や少子高齢化も相まって、結婚式やお葬式などの慶弔事にあまりお金をかけれなくなってまいりました。

そんななかで『家族葬』というワードが登場し、その言葉のニュアンスから【少人数でお金をかけないお葬式】…といったようなある種のミスリードを誘いながら認識され、広まっていったようですね。

家族葬は、通夜・葬儀・告別式とひととおりの儀式を行います。

無宗教の人でない限りは宗教者に通夜と葬儀の儀礼を執り行ってもらいます。

家族葬は文字通り遺族親族のみの参列となります、なので家族以外の関係者にお知らせをすることはありません、というかできませんね。

どうしてもお知らせしなければならない時は、家族のみで葬儀を行う旨を伝えて参列を遠慮していただくことになります。

この【お知らせ】の部分が、一般葬と最も異なるところでして、家族葬の認識が人によって違ったりするため、ちょっとしたトラブルが起こったりします。

一日葬スタイル

『一日葬』という言葉は、ごく最近に誕生しました。

通夜の宗教儀礼を省略して身内だけでゆっくり過ごす最後の夜とし、翌日に宗教者による儀礼を執り行うという流れになります。

一日葬は、通夜の儀式を省略し、葬儀・告別式の儀式を行います。

無宗教の人でない限りは宗教者に葬儀の儀礼を執り行ってもらいます。

会葬については、通夜の日は順次参列もしくは参列お断り、葬儀の日は通常どおり参列いただくという形式になります。

なんとも現代的な葬儀スタイルですよね、しかし都市部などでは認められることが多い『一日葬』ですが、地方では寺院をはじめとする宗教者が通夜の儀礼を行わないことを良しとせずに、遺族と揉めたりすることが散見されます。

通夜の宗教儀礼を執り行うことが当然であるとする宗教者の考えと、喪主になる世代の若年化によって起こる新しい宗教観や葬儀に対する考え方とのギャップが埋まってくれば、一日葬というスタイルも普及してくるのではないかと思いますね。

直葬スタイル

『直葬』またの名を『火葬式』などと言ったりします。

宗教者による宗教儀礼を執り行わず、出棺前に棺にお花を手向けるなどの略式的な告別式を行い火葬場へ出発するという流れになります、中には告別式を行わず遺体安置所から直接火葬場へ向かうパターンもあります。

直葬は、通夜葬儀の宗教儀礼を執り行わず、略式の告別式を行って火葬へと進行します。

通常は家族のみの参列となりますが、身寄りがない場合などは告別式をせずに出棺のみを行う場合もあります。

以前は直葬といえば、生活保護受給者の方の葬儀や、身寄りがない方で後見人などが主導となって行う葬儀の時にとられていたスタイルだったのですが、最近は葬儀にお金をかけたくないからと直葬を選択する人が見られます。

故人の生前からの希望だったとか、葬儀にかける金銭的余裕がないとかならばいいのですが、通常の葬儀をするお金があるのに直葬を選ぶ人もいるようで、「本当にそんな葬儀でいいんかい」…なんて思ったりします。

後悔のない選択を…

以上、現代日本での葬儀スタイルについてのまとめでございました。

他にも『密葬』とか『社葬』とかありますけど、そこは一般的な葬儀ではないので割愛させてもらいました。

葬儀を執り行う際にはいずれかのスタイルを選択しなければなりませんが、決定をするときには事前に最低でも家族や親戚くらいまでには相談をしておいてください、そうしておかないといざ葬儀の時にいらぬトラブルが起こって悲しみに浸ることもできなくなる可能性がありますので…。

葬儀は人生で一度きりでございますので、ぜひ後悔することのない選択をなさいますよう…

最後までご覧いただきありがとうございました。

お気軽にフォローどうぞ!