文房系アイテムをピックアップするウェブログ
friends

友引の日に葬式はできないのか?【最近は気にしないことが多いです】

friends

友引の日に葬式なんてやるもんじゃないよ』なんてことを聞いたことがありますよね。

本当に友引に葬式をすることはよくないことなのでしょうか?

この記事ではお葬式における友引という日の関わりについて綴っていきますのおつきあいください。

友引は中国由来の六曜のひとつ

カレンダー壁掛け

六曜(ろくよう)という言葉を聞いたことがあるでしょうか、

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口という6つの言葉で星の巡りを表す暦のことで、古来より中国において『吉凶を判断する』際に用いられ、のちに日本にも伝えられて広まっていきました。

単なる暦の言葉なのに『吉凶を判断する』って何なんでしょうか。

占いとか願掛けとかそんなニュアンスの概念ってことですよね…、ということは朝の情報番組などでよく見る『血液型占い』や『星座占い』のようなものと同じなんじゃないかと思われてもしょうがないですよね。

そんな六曜も長い歴史を経て、言葉や意味に得体のしれない重みが加わっていったのだと個人的に考えます。

失礼を承知で申し上げると、「六曜は昔から親しまれてきた迷信」であるということです。

友引の日の葬式はダメなのか?

×印カレンダー

友引の葬儀がなぜよくないものとされているのか、その根底にあるのは【友引】という言葉の持つイメージです。

友を引っぱる』ということで、故人が家族友人知人を引いて行ってしまうので、それによりさらなる不幸を呼んでしまうことになる…そういう考え方のようです。

なんという言葉遊びでしょう。

現代では、友引に葬儀をするのはよくないという考え方もかなり薄れてきたようで、通常と同じく友引の日に葬儀を執り行うことが多くなりました。

…というか、本来の意味で考えたら仏も滅びる【仏滅】火などの赤いものがよくないとされる【赤口】のほうがよっぽど葬儀NGに設定してもよい言葉ではないかと思いますが…。

根強く残る考え方

昔ながら

友引の日も葬式をすることが多くなったといいましたが、今でも友引の日に休場となる火葬場が数多く存在します。

そして昔からの習慣を気にする人は『やっぱり心情的に友引の日に葬儀はやりたくない』とどうしても考えてしまうものです。

そうなってしまうと友引の日を避けて日程を先延ばしにするほかありませんね。

もしくはどうしても先延ばしにできない状況ならば、【友引人形】を棺に入れていっしょにあの世へ連れていってもらうということをして気持ちに整理をつけたうえで、友引の日に葬儀を執り行うという場合もあります。

六曜の6つの意味

あらためて、六曜の言葉が意味するものを簡単に振り返ります。

午前はGood午後はBad 急いで物事を進めるとよい日
お昼時はBadお昼以外の時間はGood 何事においても相手と勝負がつかない日
午前はBad午後はGood 物事はあせらずゆっくり進めるとよい日
一日中がBad 物事を行なわずおとなしくするのが良い日
一日中がGood 何事もうまくいき順調に進む日
お昼時はGoodお昼以外の時間はBad 仏滅よりも悪いとされる大凶の日

という意味になります。

六曜は太陰暦から太陽暦へと変わった明治時代に『旧暦に関係する六曜は迷信である』として禁止されたのですが、その影響で逆に民衆へ意識付けされてしまい、現代でも六曜入りのカレンダーが発売されるくらいの認知状態となっています。

しかしながら今の若い世代の人たちで六曜を知っている人は果たしてどれくらいいるのでしょうか、大安とか仏滅という単体のワードは知っているけど、それが本来どういう意味を持つのかよくわからない人のほうが多いのではないかと思います。

友引の葬儀は基本OKです

ブリッヂ

【六曜=迷信】と考えたら、友引の日だってごく普通の日ですよね。

だから友引の日に葬儀をしてもなんら問題はありません。

そもそも【友引】という言葉は、元は【共引】と書いて勝負事で相手と引き分けるという意味だった…という説もあるくらいふんわりしたニュアンスの言葉なのです。

他にも由来には諸説あるようですが、【友引】というワードのインパクトと語呂合わせの大好きな日本人の習性が『友引=葬儀NG』という風潮を作り出しているのでしょうね。

それでもやっぱり『友引の日に葬式するのはいかん』という考えの方もいらっしゃるかと思いますので、後でトラブルにならないように葬儀に関わる人たちの考えをとりまとめて、火葬場の運営状況を確認しながら日程を決めてください。

もう一度申し上げます。

友引の日に葬儀をしてもなんら問題はありません

最後までご覧いただきありがとうございました。

friends
お気軽にフォローどうぞ!