文房系アイテムをピックアップするウェブログ

筆文字が苦手ならサインペンで書きましょう【筆ペンみたいなサインペン】

パソコンやスマートフォンなどの情報端末が当たり前のように普及している現代では、ハガキや手紙もワープロアプリなどでサッと仕上げてしまうことが多くなってきましたね。

反対にそういう時代になったからこそ、手書きの文化が再度見直されるようにもなってきております。

この記事では筆文字が苦手なあなたにも、楽しみながら簡単に字が書けてしまう『筆touchサインペン』について使用感などを綴ってまいりますのでどうぞお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ 筆ペンで書くことがどうしても慣れないからなんとかしたい
○ 文字やデザインなどで気軽に使えるペンを探している

筆文字って慣れないとむずかしい

書道

小学生の時に習字の授業ってありましたよね。

まずは鉛筆で字を書けるように訓練して、習字の授業で毛筆を上達させる。

果たして子供のころの習字を覚えている大人がどれくらいいるものなのでしょう。

私は習字の授業といえば、硯で墨をひたすら磨っていたという思い出しかありません。

…そんな感じなので、書道家にでもならない限りは筆で字を書くということに縁遠くなってしまいがちですね。

でも筆ペンで字を書かなけらばならない場面って突然やってきます。

一番多いのは、祝儀袋や香典袋の表書きですかね。

そんな時になって『筆文字を練習しておけばよかった』とか『筆ペンをうまく使えるようになりたいなぁ』なんて思っちゃうんです。

でもね、筆ペンなんて普段から使っていないとうまく書けるわけないんですよ。

なので手軽に書ける筆ペン風サインペンで練習してみませんか?

筆touchサインペンが手招きしていますよ。

筆ペン風サインペンの書き心地

三種盛り

巷でよく見かける【サインペン】はぺんてるが開発した水性ペンの商品名でございます。

そのぺんてるが発売している筆touchサインペンの使い心地はどんな感触なのかをまとめていきますね。

ノーマルなサインペンはどう?

ぺんてるの通常タイプのサインペンは、固めのペン先で安定した筆記をすることができます。

ですが、筆圧の強弱で字に変化をつけるのがむずかしくて、シームレスにニュアンスの違いを出すことができません

通常タイプのサインペンは、いい意味でフラットな書き味に特化したものだということですね。

この安定感こそがロングセラーの理由というわけでございます。

筆ペン風サインペンは自在な書き味です

ニュアンス比べ

ロングセラーのぺんてるサインペンにしなやかなペン先が備わることで、文字やデザインに表情が生まれます。

筆圧の強弱で太く細くラインを引くことが可能で、まるで筆字をかいているみたい。

宛名書きなどの一般的な筆記もこなしてくれますし、カリグラフィーをはじめとするデザインにも活躍してくれます。


筆ペンってペンといえども毛筆の技術がないとうまく字を書くことができませんよね。

私もついクセで筆ペンを使う時に、えんぴつ持ちで書こうとして失敗するときがあります。

筆ペンは、できるだけ立てて持ち、紙にやさしく触れさせながら走らせていくと…。

うん、筆ペンは慣れないと使いこなすのは難しいですね。


筆touchサインペンだったら、しなやかながらもしっかりしたペン先ですので、えんぴつ持ちで筆記をしても字に違和感はありませんし、筆圧の調整でによりまるで筆ペンで書いたようなラインも描くことができます。

完全に筆ペンの代わりになるとはいえませんが、筆字の感覚をサインペンで表現できますので、筆ペンで字を書けない人にとってはもってこいのサインペンでございます。

書くことを楽しむべし

touchパッケ

この記事ではぺんてるの『筆touchサインペン』を紹介してまいりました。

他のメーカーからも同じような筆ペン風サインペンが発売されていますが、なぜぺんてるのサインペンをチョイスしたのかというと、

サインペンといえばぺんてる

筆ペンといえばぺんてる

というイメージが私の頭にあったからでした。

サインペンで有名なぺんてるが発売している筆ペン風サインペンなら間違いないはずだ、という確信があったからなのですね。

ペンの性能は文句なしですし、値段もそんなに高くありませんのでコスパもいいですよ。

文字だけでなくデザインや装飾に使えるように、18色展開となっています。

普段あまり字などを書かない人にも、筆ペン風サインペンで書く楽しさを味わってほしいなと願っております。

それほどに魅力的なサインペンでございました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お気軽にフォローどうぞ!