文房系アイテムをピックアップするウェブログ
オレーヌプラスキャッチ

ダイソーで買えるオレーヌプラスはコスパと性能のバランスがいい【100円ショップ】

オレーヌプラスキャッチ

今じゃすっかりあたりまえ、芯の折れにくいシャーペン。

デルガード? オレンズ? クルトガ? モーグルエアー? コスパで考えればオレーヌ一択です。

折れにくいシャーペンの21世紀元祖であるオレーヌは、後発の商品たちに揉まれながらも、着実な商品展開をしてきました。

100均で買える折れないシャーペンという、ニッチな部分でも名前が知られていますね。

この記事では、ダイソーで見かけたオレーヌシリーズの『プラチナ オレーヌプラス』の使用感などについて綴ってまいりますのでどうぞお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ いまさらだけど、芯の折れにくいシャーペンを試してみたい。
○ 100円ショップのシャーペンもいろいろあるけど、性能バランスのとれたペンはある?

オレーヌは100円ショップが主戦場?

プラスとシールド

2009年に初代オレーヌが発売されてから、オレーヌシールドオレーヌプラスと折れない機構の強度やその他機能を進化させた商品が登場しています。

で、ダイソーやセリアなどの100円ショップでは、ボディが太めのオレーヌシールドが販売されているのをよく見かけていました。

オレーヌシリーズの上位機種である、オレーヌプラスもいよいよダイソーで頻繁に見かけるようになり、これはぜひ手にして体験せねばという、謎の使命にかられてしまいました。

100円ショップ版オレーヌプラスの使用感

オレーヌプラス仕様

シリーズの上位モデルが、100円ショップでゲットできるという至福な気持ちを提供してくれるシャーペン『プラチナ オレーヌプラス』の使用感をみていきましょう。

折れない機構はシールドと同じ?

オレーヌロゴ

初代オレーヌからオレーヌシールドへの進化は、パーツの強化が主で、基本的なオレーヌの折れにくい仕組みは、すでに初代で完成されているようですね。

シールドとプラスの進化も、芯タンクガードとパーツ強化ぐらいのようですね。

個人的には、同じ100円ならオレーヌシールドのほうがグリップしやすいので、そちらを選んでしまいますが。

あわせて読みたい

芯が折れにくいシャーペン今では当然のように搭載されている技術なのですが、その始まりと正統な後継機種はプラチナ万年筆が発売していました。この記事ではシャーペンの弱点である芯の折れに着目したシャーペン『オレーヌ』の進化版で201[…]

オレーヌパッケ

オレーヌプラスとシールドを比べてみると

シールドとプラス分解
パーツは2機種ともあまり違いがないように見えます。

ダイソーで購入したオレーヌプラスと、セリアで購入したオレーヌシールド

同じ価格で買える2つのオレーヌは、どんな違いがあるのでしょうか。

結論から言うと、書き心地についてはたいして変わらないということなんですよね。

ポイントは芯タンクガードになります。

プラスで新たに搭載されたのが、ペンの落下時にタンクに入っている芯を守ってくれる機構でございます。

落下させたとき、ペンに伝わる衝撃をリプパーツで支えることで抑制させる。

シャー芯を折れから守ってくれるという点では、アドバンテージがあるのですが、これって筆記するときにはあまり関係ないですよね。

タンクの中で芯が折れてしまったら、書いているうちに折れた短い芯が、ぞくぞく繰り出されて書きづらくなるのですが、そんなにしょっちゅうペンを落としてしまうのかと言われれば、そうでもないですよね。

芯タンクガード以外は、シールドもプラスも機能に大差はないようです。

ボディ形状の違いくらいでしょうか。

ですので、細身が好みならプラス、太めの軸がいいならシールドという選択で問題ありません。

さんざん書きましたが、オレーヌプラスが上位機種なのは変わりませんので、それを基準に選んでもいいですよ。

折れにくい機構の再確認

折れない機構オレーヌ
口金周辺に折れにくい機構が満載。

改めて、オレーヌプラスに搭載されている機構は、筆圧がかかったときに内部のバネが圧を吸収し、芯が本体内に引っ込んでくれるセーフティスライド機構

ペン先の2つのパーツで、繰り出される芯を3点からがっちりガードしてくれるオレーヌシールド機構

筆記中に芯が短くなったとき、ペン先の芯をぐっと押し付けると、筆記できるだけの芯が出てくるポイントプッシュ機構

使用しないときに、パイプを収納して保護できるパイプスライド機構

そして前述の芯タンクガード機構の5つでございます。

芯タンクガード以外の機構は、オレーヌシールドにも搭載されています。

上位機種を100円にするための努力

オレーヌプラス全景

この記事では、折れにくいシャーペンのエントリー機種であり、上位モデルである『プラチナ オレーヌプラス』の100均バージョンの使用感などについて綴ってまいりました。

文房具店ではあまり見かけないオレーヌプラスですが、通販サイトを見ていると、通常版と100均版ではクリップのパーツなど少し仕様が違っているようですね。

安価で手に入れることができる折れないシャーペンは、気軽に使える頼もしい一本になってくれますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

オレーヌプラスキャッチ
お気軽にフォローどうぞ!