文房系アイテムをピックアップするウェブログ

お布施の目安金額と袋の書き方【お気持ちでって…?】

家族に不幸があり、通夜・葬儀の儀礼を宗教者の方に執り行ってもらったら、お布施などの謝礼金を渡すのが通常の流れですね。

ですが、御礼の金額について、ちゃんとした額面を提示してくれる宗教者がまだまだ少ないのが現状でして、いくら包めばよいのか判断に迷う人が多いのも現実です。

この記事では、宗教者への御礼金額の目安を求めながら、解説をしていきますのでお付き合いください。

お布施金額の基準値

御礼金額の目安について、現在日本において最も比率が多い仏教をベースにして考えていきます。

仏教では宗教儀礼を執り行ってもらったことに対し『お布施』ということで金銭を納めることが通例となっています。

しかし、お坊さんに『お布施はおいくらお包みすればよいですか?』と尋ねても、『お気持ちで結構ですよ』と返答されることが多々あります。

お気持ちってなんぼやねん…』と、ただでさえ家族の葬儀で困惑しているのに、さらに頭を抱えさせる要因となっているようです。

そんなお布施の金額ですが、まず基準値として30万円前後という額面を設定します。

ごく一般的な流れで通夜葬儀を執り行ってもらった時には、基準値に近い金額のお布施を納めれば失礼に当たらないということですね。

基準値より金額が変動するとき

お布施金額が基準値より変動する場合もありますので、その条件を見てみましょう。

名前のランクによって変動

仏教において、亡くなった人は僧侶によって死後の名前を授けてもらいます。

戒名』『法名』『法号』といわれるものです。

これら死後の名前には、ランクというか位のようなものが存在していまして、授けてもらう名前のランクによってお布施の金額がプラスに転じます。

名前のランクが分かりにくいと思いますので、列車の座席で例えますと…

  • 自由席ランク(~信士、~信女など)⇒基準値に近い金額で可。
  • 指定席ランク(~居士、~大姉など)⇒基準値プラス20万円から30万円ほど。
  • グリーン席ランク(院号つき)⇒基準値プラス50万円から100万円ほど。

…といった感じですね。

これらの名前については生前に授かっていない限り、遺族と僧侶が話し合いのうえで決定していくものでありますので、故人の信仰度合いや社会貢献度などを鑑みて決めていくとよいでしょう。

僧侶人数によって変動

葬儀のお勤めをしてくださる僧侶の人数によっても金額が変動します。

葬儀の儀礼を行なう場合、メインの僧侶(導師)以外に脇を固める僧侶を同じ宗派の寺院から応援してもらったりしながらお勤めをすることが多いです。

僧侶1名ごとに5万円から10万円プラスといったところですね。

僧侶の人数に関しては、寺院によって儀礼を執り行ううえでの人数が決まっている場合もありますので、どういう人数構成なのかを確認しておいたほうがいいですね。

儀式の簡略化による変動

近年、一日葬スタイルの葬儀が少しずつ認知され始めています。

通夜の儀式を省略し葬儀式のみを執り行うというものです。

通夜のお勤めがないのですからお布施の金額も当然マイナスに転じます、ですが一日葬を行うためには、遺族親族の理解、そして何より儀礼を執り行う宗教者の理解が必要となってきますので、その点は注意してください。

経済的事由による交渉

なんだか堅苦しい見出しになりましたが、要は『お金があまりないので、お布施の金額を相談させてください』ということです。

今はぶっちゃけ不況の時代です、故人をしっかり送ってあげたいと思っても先立つものがなかったりすることもあるでしょう。

お坊さんも人間ですので、遺族が納めることのできる最大限のお布施で、きちんと見合ったお勤めをしてくれるはずです。

もし相談に応じてくれない寺院があるとしたら、今後のお付き合いを再考されたほうがいいでしょうね。

神道やキリスト教は?

仏教以外の宗教について、神道(神社)やキリスト教(教会)の場合はどうなのかというと、神道の祭祀料やキリスト教の御礼金は、仏教のお布施に比べるときっちり金額の設定がされている場合が多いようです。

ただ、神社や教会の方に『金額の定めはしてませんよ』と言われてしまった場合には、基準値を20万円前後に設定し、信仰度合いや経済状況などでプラスマイナスを決めていくといいでしょう。

お布施袋の書き方と渡し方

お布施・御礼を宗教者に渡すときはどのようにすればよいか解説していきます。

まず御礼を入れる封筒を準備するのですが、仏教の場合は【水引付きのお布施袋、もしくは水引なしのお布施袋】神道やキリスト教の場合は【水引なしの白い封筒】が一般的です。

封筒に記入する表書きは、仏教の場合は【御布施】神道の場合は【御祭祀料】キリスト教の場合は【御礼もしくは献金】となります。

通常はひとつの袋で通夜から葬儀までの御礼を包んで渡すことが多いのですが、【御車代】などを別の封筒に入れて準備しないといけない場合がありますので、宗教者に確認をしたほうが良いでしょう。

御礼を渡すタイミングとしては、葬儀式が始まる前か葬儀後の会食の席、もしくは葬儀後に寺院などへお礼参りに行った時が多いです。このタイミングについても宗教者に確認をしたほうがいいですね。

なぜ『お気持ちで…』なのか

お布施の金額について『お気持ちでいいですよ』とお坊さんから言われてしまうのはなぜなのでしょうか。

その答えは、お布施というものの概念が深く関わっているようですので簡単に解説します。

本来、布施とは仏教の修行者が徳を積むために行う施しのことを指します。

ですので、僧侶が通夜や葬儀のお勤めをすることも法施(ほっせ)という布施の一種ですし、その法施に対して遺族がお布施を包むことも財施(ざいせ)という布施の一種となります。

徳を積むために行う施しなので布施をするときやされるときは、施す金品などへの執着心を完全に捨て去った状態で行わなければなりません、そういうコンセプトが根底にあるためにお坊さんは金額の質問に対し『お気持ちでいいですよ』と言い、一方の遺族側は【お布施=お勤めしてもらうことへの代金】という本来の布施の概念とは違う解釈をしている人が大多数のために『お気持ちってなんぼやねん…』と悩んでしまうのです。

宗教を深く知る者と知らざる者との齟齬があるということですね。


以上、御礼・お布施について解説してまいりましたが、この記事における基準値の金額は宗教者の方に御礼の金額を提示されなかった場合の目安の金額となりますので、もし金額の提示があってこの記事と金額の違いがあったとしても、宗教者から提示された金額に従っていただくようお願いいたします。

遺族は故人をしっかり送り出してあげるという気持ちを持って、儀式を行っていただく宗教者の方に対し無理のない範囲で御礼をお包みしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お気軽にフォローどうぞ!