文房系アイテムをピックアップするウェブログ
タフウォッシュ外観

ゼッケンの文字がにじまない! 布書きペンでウラワザいらず!

タフウォッシュ外観

小さな子供のいるファミリーでは、いろんな布製品に名前書きするのが日常茶飯事。

布に書いてもにじみにくいペンがあれば、ウラワザなんて必要なし。

子供のいろんな持ち物や洋服などに名前を書いてあげるのは、大人の役目でございます。

でもフェルトタイプの名前ペンだと、ペン先が布でこすれたり、つぶれたりしてすぐダメになりイライラがつのってしまいがち。

布に書いてもにじまずにペン先が強い名前ペンがあれば、ストレスフリーな記名ができちゃいます。

この記事では布書きしてもにじみにくく、ボールペンタイプで書きやすい『パイロット 布書きペンタフウォッシュ』の使用感について綴ってまいりますので、どうぞお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ 布に名前を書くとにじんで汚くなるからなんとかしたい。
○ 洋服などに名前を書くから洗濯にも強いインクのペンが欲しい。

にじみの原因はアノ現象なのです

毛細管現象です

 

なんの細工もしていないただの布切れに、名前ペンで線を引いてみると、書いたところからジワリとインクのにじみが広がっていきます。

これは、布の中で毛細管現象が起きている状態です。

布は無数の繊維がからみあったりまとまったりしながら作られているのですが、からみあった繊維はみっちりとスキマなく詰まっているわけではありません。

インクは液体ですので、繊維どうしのスキマを浸透していってしまうのですね。

布に書いた線をにじませないためには、毛細管現象を起こさないようにしないといけない。

これまでは、にじんでも構わずにそのまま書いたり、にじまないウラワザを使ったりしながら、布やゼッケンなどに記名をしていたのでした。

布書きペンタフウォッシュの使用感

タフウォッシュの仕様

油性ゲルインクを採用し、にじみにくくて洗濯に強い『パイロット 布書きペン タフウォッシュ』の使用感をみていきましょう。

ハイブリッドインクで布に定着しやすい

タフウォッシュにじみにくい

一般的な名前ペンは、布やプラスチックや金属などさまざまなものに使用するという想定なので、速乾性を向上させて、書いたあとすぐに乾いて文字が消えないようになっています。

でもやっぱり布に書くとにじみがちなんですよね。

タフウォッシュは、新開発の油性ゲルインクが使われています。

油性インクの速乾性とゲルインクの粘度が合わさって、布になる書いてもすぐに定着してにじみにくい

2種類のインク特性を活かした、ハイブリッドの性能で安心して布書きができるのですね。

ボールペンタイプでペン先もつぶれにくい

ペン先つぶれない

名前マーカーってフェルトタイプのペン先が多いから、書いていると布の繊維にフェルトのペン先が絡みついて、書き味がザラザラになったり、筆圧が高くなってペン先がつぶれてしまったりと、インクがなくなってしまう前に、ペン先が寿命を迎えてしまうこともしばしばでございます。

タフウォッシュはペン先がボールペンと同じ仕様なので、よほどの不具合がない限りインクを使い切るまで筆記をすることができます。

色濃いインクは洗濯にも強い

タフウォッシュ発色性

商品名からして洗濯に強そうなタフウォッシュ。

実際に記名してから半年から一年ほど経過しても、そこまでの色落ちは感じませんでした。

油性ゲルインクの定着性の良さと、発色性の良さで、黒色が濃く出ていて文字が薄くなってしまったと感じにくいのもあるかもせれませんね。

体操着のゼッケンは、1年ごとに新しくしていくでしょうから、その期間は洗濯を繰り返して使用しても、十分に耐えられるということでございます。

あくまで布用のペンなのです

タフウォッシュとなまえペン

布書きにバツグンの性能を発揮してくれるタフウォッシュですが、布や紙以外の筆記にはあまり向いてません

特に金属やプラスチックなどにはインクがうまく乗ってくれないので、おすすめできません。

布書きペンという商品名からして用途を明示していますので、素直にしたがいましょう。

にじみにくいゼッケンもあるけれど

昔はゼッケンや洗濯表示タグなどはネームペンで書くとにじむのがあたりまえでしたが、最近は100円ショップでもにじみ防止加工がされているゼッケンが売られています。

このゼッケンだったら、通常の名前ペンでもにじまずに書けますので、わざわざ布書きペンを使わなくてもいいじゃない…と思っちゃいますよね。

でも学校の体操着につけるゼッケンは学校指定のものがほとんどです、それがにじみ防止加工されているとは限りません。

私の場合は、子供の学校が指定するゼッケンがにじみ防止ではなかったので、小学1年の時に文字をにじませてしまい後悔した思い出があります。

小学2年からはタフウォッシュを使用して、にじまない文字で記名しています。

布書きペンは1本持っておくべき!

2を書いたタフウォッシュ

この記事では、布に書くために誕生したボールペンタイプの名前ペン『パイロット 布書きペン タフウォッシュ』の使用感などについて綴ってまいりました。

名前マーカーといえばフェルトペンを思い浮かべてしまいますが、ボールペンタイプのほうがペン先もつぶれませ

油性ゲルインクというハイブリッドインクでにじまず洗濯にも強いとメリットが多いですね。

ハッキリクッキリと名前が書かれたゼッケンを付ければ、子供たちも気持ち晴れやかに体育の授業に臨めますよね。

運動会のときも、我が子の姿がひと目でわかるようになりますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タフウォッシュ外観
お気軽にフォローどうぞ!