文房系アイテムをピックアップするウェブログ
カヴェコアイキャッチ

カヴェコスペシャルペンシルは使いやすくてプレゼントにも最適【Kaweco】

カヴェコアイキャッチ

ペンなどの小物にもこだわりを持つあなたへ、ドイツの老舗カヴェコのペンを使って欲しい。

値段が高めのペンは、入学や就職、誕生日などのプレゼントに贈られることが多いですよね。

文具好きの人は、自分へのご褒美で購入したりすることもあるはず。

手元にひとつは持っておきたい上質な筆記具、あなたが常用するお気に入りの勝負ペンはありますか?

この記事では洗練されたデザインと使いやすさで人気のある『カヴェコスペシャルペンシル』の使用感などについて綴ってまいりますのでお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
〇 プレゼントにペンを贈ろうと考えているけど、おすすめのシャーペンはありますか?
〇 カヴェコのペンが人気のようだけど、値段に見合った使い心地なの?

巷では”神シャーペン”と呼ばれるカヴェコスペシャル

神シャーペン?

ヴィンテージスタイルを感じさせてくれるカヴェコスペシャルペンシルは、書きやすくて質の良いシャーペンだよと絶賛されて、神シャーペンなんて呼ばれているそうです。

でも神である基準なんて人それぞれですし、カヴェコスペシャルはまあまあ高価な部類のペンですので、値段なりの品質を提供してしかるべきなんですよね。

評判が高いものは、期待値も高いところからのスタートになります。

実際に手にしたときに満足するのか、もしくは落胆するのか…。

この記事を見て自分にとっての神シャーペンとなり得るかどうか、見極めの参考にしてみてください。

カヴェコスペシャルペンシルの使用感

カヴェコ仕様

シックな外観と独特なオクタゴンボディで唯一無二の存在感を放つカヴェコスペシャルペンシルの使用感をみていきましょう。

八角形は案外しっくりきて握りやすい

八角形ボディ
少し見にくいですけど八角形ボディです。

シャーペンのボディは、そのほとんどが円筒型をしています。

鉛筆のような六角形のものもありますが少数ですね。

カヴェコスペシャルは八角形ボディというめずらしい形状をしています。

八角形なんて角だらけで指に当たって持ちにくいはずだ…と思いますよね。

私も最初はそう思っていたのですが、意外にもすんなり指にフィットしてくれて驚いてしまいました。

なぜ八角形でも持ちやすいのか、その理由は太めの軸径にあるのです。

鉛筆を大人が握ったら、細すぎて使いづらいなと感じてしまいがちです。

なぜなら、細いボディだと手指に余裕がなくなってしまい、しっかりホールドしようと余計な力が入って疲れてしまうんです。

太めのボディだと大人の手でも楽に握ってホールドできるため、書きやすくて疲れにくいのです。

八角形と太めの軸径の二つが合わさって、しっくりくる握りやすさを実現しているのですね。

絶妙な重量バランスで書きやすい

ペン先に重心あり

金属製のペンには「重くて持ちづらいし、長時間は書けないんだよなぁ…。」というイメージがつきまといますよね。

カヴェコスペシャルもボディはすべて金属製で、軸の太さや塗装の重厚感も相まってかなり重たそうな見た目です。

でも実際に持ってみると、アルミ製の軸なのでそんなに重さを感じないんですよね。

重さは約15gですので、ごく平均的なペン重といってよい数字です。

重厚感のある見た目とのギャップもあるので、気持ち的にも軽く感じてしまうのでしょうね。

ペン先の素材が軸とは違うようで、筆記時は自然とペン先に重心が向かってくれます。

ペン先がストンと紙に落ちて、あまり力を入れずにグリップできるのでスムーズに書きすすめられます。

これなら長い時間の筆記でも疲れを感じることは少ないです。

ただし、筆圧が高かったり、無駄に力を入れて書くクセのある人には、長時間の使用はキビシイですよ。

まあそれはカヴェコスペシャルに限った話ではありませんけどね。

クリップがない?…後付けできるよ!

クリップがないよ

シンプルで飽きのこないデザイン、マテリアル感満載のカヴェコスペシャルペンシル。

よく見るとクリップがありませんね。

気に入ったらいつでも持ち歩きたいのに、クリップがなきゃ不便じゃん。」と思ったあなた、オプション品の専用クリップがあるので安心してください。

オシャレなデザインのクリップで、シンプルな見た目のペンにアクセントを加えて使いやすくすることができますよ。

私はクリップの干渉がないほうが書きやすく感じますのでクリップは使いませんが、ぶっちゃけクリップが付いたほうがカッコイイですよね。

最新技術はないけれど、それがいいんです

カヴェコバラしてみた

日本のメーカーが発売しているシャーペンは、安価なものでも芯折れ防止機構や、持ちやすいラバーグリップなどの便利な機能が搭載されていたりします。

それに対してカヴェコスペシャルペンシルは、機能的にもごく普通のシャーペンでございます。

最新のメカニズムはないけれど、カヴェコスペシャルは書きやすい

それはペン本体の全てが絶妙なバランスで仕上げられているからなのです。

ペンを握って自然に書けるあたりまえの動作があたりまえにできる感触、こればかりは実際手に取って書いてみないとわからない感覚でございます。

体感することで満足を得ることができるペン、それがカヴェコスペシャルペンシル。

使い込むほど手に馴染む純粋なシャーペン

缶ケースカヴェコ

この記事では、クラシカルデザインと書きやすさに定評のある『カヴェコスペシャルペンシル』の使用感などについて綴ってまいりました。

比較的お値段高めのペンですが、書き心地の良さや満足度の高さなどを総合的にみると、価格相応のパフォーマンスは十分にありますね。

プレゼントとして贈って喜んでもらうのもよし、自分用に買って心地いい書き味を体感するのもよし。

純粋なシャーペンカヴェコスペシャルペンシルが、あなたに書くことの楽しさや気持ちよさを改めて実感させてくれますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カヴェコアイキャッチ
お気軽にフォローどうぞ!