文房系アイテムをピックアップするウェブログ
自然なリン

浄土宗のお葬式はどんな流れ?【さらりと解説】

自然なリン

お葬式は故人が極楽浄土へ行くための儀式ですよね…というなんとなくの認識で仏教の葬儀をとらえている人も多いと思います。

あながち間違ってはいないのですが、極楽へ向かう道筋や考え方が宗教によって少しずつ異なってきます。

この記事では浄土宗のお葬式についてさらりと解説してまいりますのでどうぞお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ 浄土宗の家系なので、お葬式について知っておきたい
○ 参列する葬儀が浄土宗なので、知識を得ておきたい

浄土宗ってどんな宗教なのです?

?カード

浄土宗は平安時代末期に比叡山で学んでいた法然上人が開きました。

厳しい修行の果てに悟りを得るという教えは一般の人たちに理解してもらえないだろうと考えた法然上人は、仏教のもう一つの側面である念仏を唱えることに着目し、ひたすらお念仏を唱えればどんな人間も極楽浄土へ導いてもらえるという教えをベースとして布教することにしました。

専修念仏(せんじゅねんぶつ)』と呼ばれるこの教えは、民衆の仏教に対する考え方をイージーにしていったので徐々に広まっていくことになりました。

本尊は阿弥陀如来南無阿弥陀仏と唱えます。

浄土宗民衆に寄り添った仏教のパイオニアともいえる宗教ですね。

浄土宗のお葬式

プレイウーマン

浄土宗におけるお通夜とお葬式は、故人を仏弟子とするために戒名を授かり、極楽浄土へ向かったのちに悟りを開いて人々を救う存在となれるように祈る儀式が中心となります。

専修念仏』の教義のもとで、葬儀に立ち会うすべての人たちの念仏により極楽浄土への導きと参列者に対する念仏へのいざないを願います。

浄土宗の葬送儀礼

地域や寺院などによって多少異なる部分もありますが、浄土宗の基本的なお葬式の流れは以下のようになります。

  1. こうげ【香偈】……お香を焚いて心を清らかにと願う
  2. さんぽうらい【三宝礼】…諸仏と仏の教え、そしてその教えを信じる人々に対し礼拝する
  3. ぶじょう【奉請】……諸仏に入場を請う
  4. さんげげ【懺悔偈】…諸仏・諸菩薩に対し己の罪や業を反省し懺悔する
  5. さぼん【作梵】……本尊から棺へと向き直る際に、仏を讃える『四智讃(しちさん)』を唱える
  6. がっぱち【合鈸】……キン・ハチ・ドラ・タイコの鳴り物を順番に打ち鳴らす
  7. あこ・いんどう【下炬・引導】…導師がたいまつを模した棒を二本持ち、一本を落としもう一本で円を描きながら引導文を述べる
  8. かいきょうげ【開経偈】…読経に際して仏の教えの真の意味を理解できるようにと願う
  9. どきょう【読経】……『四誓偈(しせいげ)』『真身観文(しんじんがんもん)』などの浄土宗の代表的なお経を唱える、読経中に焼香となる
  10. しょうやくもん【摂益文】…念仏を唱えればみな仏の加護を得られるという文章を読み上げる
  11. ねんぶついちえ【念仏一会】…仏の救いに感謝し『南無阿弥陀仏』と数多く唱える
  12. えこう【回向】……故人の霊に読経・念仏の功徳をささげる
  13. そうえこう【総回向】…読経・念仏の功徳をすべてのものに振り向けて、往生することを願う
  14. そうがんげ【総願偈】…仏道における四つの誓いを立て、その成就を念じる
  15. さんじんらい【三身礼】…阿弥陀仏の功徳を讃え帰依する
  16. そうぶつげ【送仏偈】…諸仏・諸菩薩を本国へ送る文章を唱える

ちなみに通夜では、念仏・戒名授与・読経・法話の流れが一般的です。

浄土宗は念仏の宗派

なんまんだー』とか『なんまいだぶ』なんて念仏をよく聞きますよね。

南無阿弥陀仏』という六字の名号と称される言葉で、阿弥陀仏に心身を任せて信仰しますよとの意味があります。

仏の名を呼び念じること、仏の姿や功徳を心に想い念じること、これを行なうことで阿弥陀仏への帰依を表明し極楽浄土へ往生できると浄土宗では考えます。

さらに大事なのは自身の心で念じるのみならず『南無阿弥陀仏』と口に出して唱えることです。

称名念仏(しょうみょうねんぶつ)』と呼ばれるこの行法は浄土宗において重要な事柄であり、当然ともいえることなのです。

気持ちは言葉に出さなきゃ伝わらないよね…』って感じのニュアンスですかね。

悲しみの先にあるもの

サンライズ

人の死とは悲しく、寂しく、遺された人たちにさまざまな感情を抱かせるものです。

でもお葬式でしっかりと送ってあげることで、いずれ故人が極楽浄土から救いの手を差しのべてくれる、目に見えないけど助けてくれる…そんな存在になってくれるはずです。

人の死は別れではなく新しい関係への出発点なのです。

この記事では閲覧のしやすさを重視するため基本的な事柄のみの解説となっておりますのでご了承ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

自然なリン
お気軽にフォローどうぞ!