文房系アイテムをピックアップするウェブログ

棺に入れられないものを教えます【火葬に影響しますよ】

大切な家族のお葬式、出棺前にお花を棺に入れてあげることが多いですが、できることなら思い出の品や好きだった物(一般的に副葬品と呼ばれます)を持たせて送り出してあげたいと思うでしょう。

日本では現在火葬がほとんどとなっておりますので、火葬炉に影響したり、遺骨に変化をもたらしてしまうような品物は棺に入れてはいけないというガイドラインがあったりするんです。

この記事では、棺に入れてはいけない思い出の品について解説していきますので、お付き合いください。

棺に入れられないもの一覧

火葬は文字通り火を使いますので、燃えないものや燃えにくいもの、燃やすと危険なものなどを棺に入れると、火葬に影響を及ぼすことになります。

金属製やガラス製のもの

ビン・カン・メガネ・腕時計・硬貨・指輪やアクセサリー・入れ歯などです。

金属やガラスはまずもって火葬時の温度では燃えつきませんので、形がそのまま残ってしまったり、高温になることで溶け出して遺骨に付着したりするので、棺に入れると収骨に支障をきたすことになります。

危険物や爆発物など

電池・携帯電話やスマートフォン・ガスライター・電子機器・エアゾール(スプレー)缶などです。

見るからに危険そうなものばかりですが、当然これらを燃やすと破裂や爆発が起こり、遺骨の損傷や火葬炉の故障などを引き起こしますので、棺には入れないようにしましょう。

※ペースメーカーが体に埋め込まれている場合は、先もって葬儀社や火葬場にお知らせしてくださいね。

大量の書籍や厚い布製品

多量の紙類・辞書や図鑑・布団類・厚手の衣料品などです。

一見して燃えつきてくれそうな印象ですが、大量になるとなかなか燃えないようです。

さらに、燃え尽きたとしても大量の灰となり収骨時に処理が大変になりますので、棺に入れるものは少量の紙類、薄手の衣料品くらいにとどめておいてください。

大きな果物や大量の飲料

メロン・スイカ・大量の飲み物・大量のお酒などです。

メロンやスイカは水分が多く、なかなか燃えてくれません

そして、果物の汁や大量のジュース、アルコールなどは燃えることで異臭を放ち、その臭いが遺骨にも付いたりして収骨時に不快な状況となる可能性がありますので、これらも量を控えめにして棺に入れるようにしましょう。

プラスチック・ビニール・ゴム製品

発泡スチロール・合皮製のバッグや靴・CDやDVDなどのディスク・おもちゃ・ボール・入れ歯などです。

これらは燃やすと溶けて遺骨に付着して遺骨が変色したりすることもあります。

またプラスチックなどが燃えることで、ダイオキシン類などの有害物質が発生し周辺環境に悪影響を与えてしまうこととなりますので、棺に入れるのは控えてくださいね。

難燃性素材の製品

ゴルフクラブ・つりざお・ステッキ・ドライアイス・保冷剤などです。

カーボンなどの素材は、難燃性というだけあって燃えにくいですので、火葬炉に負荷がかかり、最悪火葬炉の異常停止が起こってしまうこともあるようですから棺に入れるのはやめておいてくださいね。

そこをなんとかなりませんか…への対応

火葬に影響する副葬品たち、頭の中ではなんとなくわかっていても葬儀という非日常の中にいると理性と感情のはざまで心が揺れ動くわけで…「どうにかして入れられませんか?」という気持ちになってしまうこともあるかと思います。

ハッキリ言ってダメなものはダメなんですが、出来る範囲の対応法もありますので書いていきます。

果物や飲料

大きな果物は小さくカットしてしまえば、少量なら入れることができます。

飲料は、コップ一杯くらいならOKです、専用のコップなどを葬儀場で取り扱っていると思いますので聞いてみてください。

本や洋服

大量だったり、厚みがあったりすることがよくありませんので、本だったらページ数の少ないものを選ぶか、分厚い本だったら気に入っていたページだけ切り抜きして入れてあげるといいでしょう。

洋服は夏物のお気に入りのものにしてあげるとか、ブランドロゴだけ外して入れてあげるなどするといいかもしれませんね。

アクセサリーやメガネなど

身に着けるものだったら、可能な範囲で遺骨と一緒に骨壺へ入れてあげるのも一つの方法です。

ただし、散骨をするなどで遺骨をパウダー状にする場合は、骨壺に遺骨以外のものがあると面倒になるので、その際は仏壇にそっと飾ってあげたりするといいと思います。

発想の転換をしてみる

金属・ガラス・プラスチック・危険物・難燃性のものは、素材自体が火葬に影響するためどうやっても棺に入れることはできないので、発想を変えて入れてあげる手段を考えます。

釣りが好きでした。つりざおは入れられません。大物を釣った時の魚拓や釣りをしている時の写真を入れてあげましょう。
日本酒が好物でした。一升瓶は入れられません。お酒をコップに入れてもたせるか、出棺前にお酒で口を湿らせてあげましょう。
あの歌手の曲が好きでした。CD・DVDは入れられません。葬儀場でBGMとして曲を流して、棺には歌詞カードを入れてあげましょう。
草野球をやっていました。バットとボールは入れられません。ユニフォームとか大会の賞状を入れてあげましょう。バットとボール以外は残っていません。バットとボールを葬儀場に展示して、それをカメラに収めてバットとボールの写真を棺に入れてあげましょう。
といったように入れられないものから連想をスタートさせて、入れられるものへと変化させていくのも方法のひとつですね。

荼毘に付すということ

仏教では、火葬することを荼毘(だび)に付すと言います。

荼毘というのは、火葬するという意味のインドの言葉を音写したものですが、普段聞きなれない言葉なので火葬というよりも少し厳かに感じますね。

火葬は、人の姿だった故人が形を変える悲しい旅立ちの儀式です。

遺族は故人をしっかり送り出せるように、節度をもった火葬への対応をしなければいけないですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

お気軽にフォローどうぞ!