文房系アイテムをピックアップするウェブログ
きらりキャッチ

きらり! 携帯筆ペンでいつでも気軽に筆文字生活を!

きらりキャッチ

筆文字が苦手な人は、普段から筆に慣れ親しんでいないから書けない。

それなら、普通のペンのように楽な気持ちで使える筆ペンを持てば解決ですよね。

筆ペンといえば、穂先のユニットとインク軸が分かれているスタイルで、本来の筆のような少し太めの軸をしているものが多いです。

その特別感あるフォルムが、筆ペンを日常から遠ざけてしまう要因なのかもしれませんね。

この記事では、小ぶりで軽くて持ち運びしやすい『ぺんてる 携帯筆ペン きらり』の使用感などについて綴ってまいりますのでどうぞお付き合いください。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ 筆文字を練習したいけど、いつでも気軽に使えるペンが欲しい。
○ ペンケースなどに入れておいて、すぐに取り出して書ける筆ペンってある?

筆ペンだから毛筆したいですよね

速乾と通常筆ぺん

筆ペンのペン先には、いくつかのタイプがあります。

通常の筆と同じような書き味の毛筆タイプ

筆の柔らかな感触が苦手な人のために最適な硬筆タイプ

毛筆と硬筆の中間を取った柔らかさの軟筆タイプ

まるでペン字を書くように筆文字がかけるサインペンタイプ

といった具合ですね。

それぞれに使いやすさ、使いにくさがあるのですが、せっかく筆ペンを使うのならば、毛筆タイプを求めてほしいですね。

筆ペンといえど、筆の延長線上にある筆記具なので、毛の流れをとらえながら、力加減も覚えていって、毛筆の魅力を味わってほしいと個人的には考えます。

携帯筆ペン きらりの使用感

きらりの使用感

筆ペンにはみえないボディスタイル、万年筆のようなカートリッジ交換式の独特な仕様の、スマート筆ペン『ぺんてる 携帯筆ペン きらり』の使用感をみていきましょう。

プラスチックボディで軽やかに使える

きらり全景

きらりは、クリップ部分が金属製である以外は、プラスチック製の本体でございます。

通常の筆は、木製であることが多いですので、本体を金属製にしてしまうと、重すぎてうまく筆運びができなくなってしまいますもんね。

筆ペンであっても、毛筆タイプはボールペンのような持ち方をしてしまうとうまく書けません

ペンを立てて書くことが要求されてきますので、ペンの重量は重要な要素でございますね。

小ぶりボディながらしっかり毛筆

きらりの毛筆

携帯性バツグンのきらりは、ちゃんと毛筆タイプになっていますので、楽しみながら筆の感触を味わうことができます。

小型の筆ペンは、どうしても持ち方がペン持ちになりがちなので、ペン先がフェルトになっていることが多いのですが、それでは筆ペンの持ち味を出すことができないですよね。

筆ペン初心者だったら、毛筆ではなくて軟筆や硬筆のフェルトタイプが書きやすくはあるのですが、長い目で見ると初めから毛筆を使っていたほうが上達の近道になるので、持ち運びしやすい毛筆タイプのきらりは、初心者におすすめの筆ペンでございます。

インク交換は万年筆のようなカートリッジ仕様

きらり分解

一般的な筆ペンは、インク入りの軸を交換して補充していくのが普通ですよね。

比較的簡単な交換法ですが、軸を新しくしたり、一時的に使っていなかったりすると、穂先にインクが浸透しておらず、軸をプニプニ押したりしてインクをペン先に送り出さないといけないので、少し面倒に感じてしまいますね。

きらりは、万年筆でよくみるインクカートリッジ方式の交換法になります。

インクが切れたらカートリッジを挿し替えて、インクが浸透したら書き始められます

万年筆と同様に、毛細管現象を利用したインクの送り出しですので、軸をプニプニすることもなく、すぐに筆記ができますので、とても便利に使うことができますよ。

書き味以外もいい味出してる

きらりクリップ

プラスチックボディで軽量なきらりは、毛筆のしなやかな書き味も魅力なのですが、以外にも扱いやすいところがあります。

金属製のクリップを採用していますので、しっかりとホールドできて、ポケットなどに差しておくことができますし、金属クリップにしては、柔軟性があるのでひっかかりも少ない印象でございます。

カラーラインナップは、桜色金色藤色の三色で、いずれも上品な色使いになっていますので、性別や年代問わず使えますね。

別売りのインクカートリッジも、4本入りで330円てすので、コスパにも優れていて長く使い続けていくことができるんです。

一本持っておけばなにかと使える筆ペンです

きらりきゃっぷした

この記事では、小型軽量で携帯しやすく、しっかり毛筆が体感できる『ぺんてる 携帯筆ペン きらり』の使用感などについて綴ってまいりました。

筆文字がうまくなりたいけど、なんだか敷居が高いなぁ…なんて思っているあなたにぜひ使って欲しい一本でございます。

上達のために形から入るっていうのは、大事なことなんですよ。

お気に入りの道具を持てば、楽しく書きものができますよね。

きらりと輝くような美文字を手に入れてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

きらりキャッチ
お気軽にフォローどうぞ!