文房系アイテムをピックアップするウェブログ
クレハミキャッチ

クレパス風のハブラシで楽しいデンタル習慣を送ろう!

クレハミキャッチ

お子さんにとっては使い慣れた道具を使う気分で、大人にはノスタルジーを感じられるデザインで、歯みがきを楽しめる一本です。

文具ブログでハブラシを扱うのは少しためらいましたが、クレパスまんまのデザインを見た瞬間に、ときめいてしまって記事にしちゃいました。

この記事では、魅力的なスタイルながら、ちゃんとした性能を持つハブラシ『デンタルプロ クレパス風ハブラシ』の使用感などについて綴ってまいりますので、どうぞお付き合い下さい。

こんなお悩みを持つあなたへ…
○ 子供が楽しく歯みがきできるハブラシを探している。
○ なつかしいクレパスハブラシを見つけたけど使い心地はどう?

かわいらしいフォルムのクレパス

青い装飾

クレパスという言葉は、発売元であるサクラクレパスの商標でございます。

絵を描くときに使うクレヨンとパステルという2つの画材の特色を兼ね備えた道具ということで、クレヨンパステルを短縮して作られた、造語の商品名なんですね。

オレンジの箱に入った色とりどりのクレパスを見ると、子供のころを思い出して懐かしい気持ちになる人がほとんどですよね。

絵を描くような、軽やかな気持ちで歯みがきができるハブラシがあれば、デンタル生活がはかどります

クレパス風ハブラシがその思いを叶えてくれますよ。

デンタルプロ クレパス風ハブラシの使用感

クレパス歯磨き揃え

見慣れたフォルムに使いやすさをしっかり詰め込んだ『デンタルプロ クレパス風ハブラシ』の使用感をみていきましょう。

子供がちゃんと握れるグリップ感

クレハミグリップ

手の小さな子供が使うハブラシは、当然サイズも小さくなるのですが、握る力が弱いため、小さいサイズながらもある程度しっかりしたグリップができるようにしておかないと、安定した加減でみがくことができなくなります。

クレパス風ハブラシは、クレパスの紙巻きデザインを模したシールが貼ってある、大きめのグリップが力の弱い子供でもしっかり握れるので、安定感のあるブラッシングがしやすくなります。

親指をそえられるくぼみがポイント

ハブラシを握るときは、親指のささえが大事になりますよね。

グリップする力は、あくまでハブラシを握るだけで、コントロールのキモは親指の力加減なんですよね。

クレパス風ハブラシには、親指にフィットする指押さえのくぼみがついていますので、握ったハブラシをうまくコントロールして、磨くことを確実におこなうことに役立ってくれるのですね。

先端の飛び出しが奥歯にも届きやすい

先端の植毛

子供が自分で歯磨きするときは、奥歯まで磨くことを意識してブラッシングすることが難しいですよね。

平らな植毛のハブラシでは、大人でも奥歯やスキマのブラッシングはやりづらくて、デンタルフロスなどを併用したりします。

クレパス風ハブラシのヘッドは、先端が飛び出した植毛設計になっていて、使用されているのも極細毛になっていますので、そこまで苦労することなく、奥歯にも毛先が届き磨きあげることができるようになります。

子供に仕上げ磨きしてあげるときも、楽にできますね。

なにより楽しいコラボデザイン

立て面そろい踏み

クレパス風ハブラシを選ぶ理由の第一は、やはりそのボディデザインにありますよね。

なじみのある文具と同じスタイル。

童心に帰ってなつかしい気持ちになれる。

歯みがきがめんどくさいと思っている人でも、このハブラシだったら楽しくみがける。

そんな気にさせてくれる、かわいらしいコラボレーションでございます。

ボディカラーは、あかきいろみどりみずいろももいろの5色セットですので、親子やきょうだいで使い分けるのに最適ですよ。

心躍るお絵描き歯ブラシを使おう

二本飛び出した

この記事では、サクラクレパスのデザインそのままで、性能も充実している『デンタルプロ クレパス風ハブラシ』の使用感などについて綴ってまいりました。

我が家の小学生の息子も「みがきやすくてかわいいハブラシだ」と言いながら、満足そうに歯磨きしています。

よく見るハブラシとは違う、楽しさと使いやすさが共存しているハブラシで、絵を描くように歯みがきしちゃいましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

クレハミキャッチ
お気軽にフォローどうぞ!